<< 明けましておめでとうございます。 | main | こんなテントの販売を開始します。 >>

何かを犠牲にして何かを得る。

0
     さてさて、とても共感する記事を発見したのでご紹介します。
    消費者中心主義の社会を皮肉った、パタゴニアの広告です。

    昨今のアメリカナイズされた国々では資本主義の名の下に
    大量生産大量消費が経済の中心を担っています。
    その反面でゴミや地球環境の悪化は止まる事を知りません。
    その資本主義にNoを言う企業。
    その勇気(皮肉?)に賛同しシェアしました!w

    私たちが作るすべてのものはこの地球から、戻すことのできない何かを奪っています。

    本当に必要な物をよく考え、高額でも試行錯誤を繰り返し手に入れる...
    切望しやっと手に入れたアイテムをこよなく愛し未来に残す。
    そんな夢のような社会が構築されて行くことを切に願います。





    JUGEMテーマ:日記・一般

    スポンサーサイト

    • 2017.11.11 Saturday
    • -
    • 15:07
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク
    0

      コメント
      コメントする









      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      sponsored links
      Calamel
      studio-SYMPATHY WEBSHOP
      JOHNNYのTwitter
      WEB SHOP QR


      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      Babel
      Babel (JUGEMレビュー »)
      Gustavo Santaolalla
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM