12月7日、財務省が2020年東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣全37種類のうち、第2弾の図柄を公表。

100円硬貨に「サーフィン」が採用された。裏面には大会エンブレムがあしらわれる。

サーフィンの100円硬貨は、394万8000枚発行され、2019年7月頃から金融機関で引換できる見通し。

 

引換開始日等は、2019年6月頃に財務省から発表される予定。

その他にも、陸上競技や野球・ソフトボールを描いた千円銀貨や、空手・スケートボードなどの100円硬貨が発行される。

東京オリンピック記念硬貨は、既に第1弾が発行しており、大会開催直前まで4回に分けて全37種類を発行されることになっている!

 

 

本当にわかりにくくなってきましたね〜

でもこの会社、詐欺サイトなのでお気をつけくださいね!

 

http://www.neolightsrl.com

 

JUGEMテーマ:日記・一般


皆さんが子供の頃、夢見た幻のボード!

ついに完成!

嘘か本当かはご自分の目で!(笑)
本日の記事は〜!

フランスに本店のある宝石、時計、香水を扱う高級ブランド、


恐ろしほど美しく、そして宇宙を感じることのできる時計です!



この時計の見方の一つには 
「太陽の周りを水星が1周するまで88日かかるんだよ!」
とか
 「金星なら224日かかるだぜ!」 
(笑)

な〜んて具合に、本物さながらに動く!
 だから木星は12年、土星にいたってはなんと29年かかって1周するんだよ〜!

みたいなうんちくを述べることができる訳なんです。

そして!気になるお値段は〜〜〜!

な...なんとっ!

24,800,000円

とてもとておお高いですが夢くらいならみても良いですよね!




JUGEMテーマ:日記・一般

ラテン系です(笑)

街中でこんなパフォーマンスあったらい〜な〜!
 さてさて、とても共感する記事を発見したのでご紹介します。
消費者中心主義の社会を皮肉った、パタゴニアの広告です。

昨今のアメリカナイズされた国々では資本主義の名の下に
大量生産大量消費が経済の中心を担っています。
その反面でゴミや地球環境の悪化は止まる事を知りません。
その資本主義にNoを言う企業。
その勇気(皮肉?)に賛同しシェアしました!w

私たちが作るすべてのものはこの地球から、戻すことのできない何かを奪っています。

本当に必要な物をよく考え、高額でも試行錯誤を繰り返し手に入れる...
切望しやっと手に入れたアイテムをこよなく愛し未来に残す。
そんな夢のような社会が構築されて行くことを切に願います。





JUGEMテーマ:日記・一般

本年も宜しくお願い申し上げます。


JUGEMテーマ:日記・一般
さてさて、皆様には大変ご無沙汰しております。

店舗での営業は休業してしまいましたが、
クリエイターとしては心機一転活動をしています。

その一部をご紹介いたします。

また、カルチャースクールの発表会やインディーズのLIVEなど
ご相談いただければ制作や演出も請け負います。

お気軽にご相談ください。


ステージの装飾(大道具・小道具)の制作を手掛けてます。




ライティングのシューティングデザインもいたします。


バックの映像も制作致します。








オペレーティングから舞台監督まで
お気軽にご相談ください。





JUGEMテーマ:日記・一般 
 皆様お久しぶりでございます。

ご報告が大変遅くなりましたが、studio-SYMPATHY&Cafe de SoLuNa は
11年目を迎える事となりました。
そこで、思い切って第2章の幕を下ろすこととなりました。

皆様との沢山の思い出を胸に海外にて新しいコンテンツやお料理を学んで参ります。


数多くの皆様と時を共にする事ができた店内です。


第3章はどこの地域で幕を上げるかわかりませんが

また、いつか皆様と笑顔でお会いできます事を夢見て

勉強に勤しみたいと思います。

本当にありがとうございました。

この続きはSYMPATHY 10YEAR's としてアルバムを

掲載したいと思います。

なおWEBSHOPはリニューアルOPENを予定しております。

世界中から選りすぐりの商品をLINE UPいたしますので、ご期待ください。


それでは皆様。

SO LONG!




究極の選択を迫られた。

日頃当店の看板犬として皆様にご愛好いただいていた愛犬「キャンディ」
退院してからこの数週間、介護と向き合っています。
病名は「甲状腺ホルモンの異常」
今日は久々の通院日。
大型犬だけに僕の不出来から床擦れをおさえることができず、
愛犬も痛い思いをしているのではないかと床擦れの緩和の処置もお願いした。

「この日数でこの状態なら本当によくやったね ^_^」
と先生からはお褒めの言葉をいただけた。


だけど、最後に病院の先生から迫られた決断は

「このまま24時間体制で介護を最後までやるのか?
それとも、2度と立ち上がれないのなら犬も可哀想だから
安楽死を選んでも良いんじゃない?」

との説明を受けた。

あふれ出す涙。
止まらない16年間の思い出。

母親犬のジッピーからとりあげてずう〜っと一緒に生活してきた。

僕には決められない。

介護には時間もお金も想像以上にかかるのは確か。

どうすれば…どうして良いのか…
今夜からはしばらく眠れないでしょう。

励ましのコメントをいただいたみんな!本当にありがとうございます。
そして、お返事書けなくてごめんなさい。

JUGEMテーマ:日記・一般